B型シリカゲル1gの表面積は450uにもなります。この表面積がシリカゲルの吸湿、消臭、VOC吸着等の優れた効果のベースとなっています。
このシリカゲルを多量に使用し製品化をした時に、粒径のシリカゲルが袋に入って塊になっていては、せっかくの機能も十分には発揮されません。
この優れた効果を最大限発揮するには、表面積を広くし、さらにシリカゲルがその周囲の空気と自由に触れ合うことが大切です。
そこで弊社では、通気性の良いパンチング不織布にシリカゲルを挟み込むことで、シリカゲルの表面積を最大にし、シリカゲルと空気が自由に触れ合える構造を作り出し、その優れた効果を最大限引き出ことに成功しました。